園芸相談掲示板
☆野菜・家庭菜園板☆
知って楽しい☆教えて楽しい 園芸専用質問掲示板
園芸・ガーデニングに関する疑問・悩みを解決!!

[戻る]
【カブの栽培】

松本 恵 【東海】 2016/08/24(水) 10:31:01
かぶはポットで育苗できますか?

hiro 【関東】 2016/08/24(水) 11:01:13
カブや大根、ニンジンといった作物は苗では無理です。
直播にし、途中間引いて間隔を確保するのが一般的です。

松本 恵 2016/08/26(金) 12:58:41
[[解決]]
hiroさん、有難うございます
やはり無理かな、

太郎<解決後> 2016/08/26(金) 18:21:01
カブについては、できるできないで線引きすれば、できます。
ある品種では、メーカー側も72セルを用いた栽培を提案しているし、小カブでは苗床蒔きを移植栽培したこともあります。
少し方法的には少し荒いかも知れませんので、全品種に適用可能かどうかはわかりかねますし、移植栽培をしようとするのであれば、何故ポットを採用されるのかはわかりかねています。
ただ、大根やニンジンについては、hiroさんのおっしゃるとおり、無理と思います。

松本 恵 2016/08/27(土) 17:10:03
太郎さん
解決後なのに有難うございます
まだ畑に予定地が空いていないのでその間にポットで育苗すれば日が稼げ、良い時期に植え付けができると思いました。
一度作って見るのも良いかも知れませんね

大きなカブ 2016/08/27(土) 23:52:48
大根の根の生長比較
https://vegetable.alic.go.jp/panfu-siki/daikon/daikon31-b.GIF
いずれも、ポット苗育苗移植は、可能ですが、直播間引き栽培がお勧めです。
お勧めというより、絶対に直播間引き栽培にすべきです。

移植すれば、いくら根を傷めないといっても、目に見えないところでは、どうしても根を切り肌(地下部の根の表皮)を傷を付けてしまいます。
側根を少しでも切れば、そこで肥大が止まり、凹みが出来ます。
主根の先に障害があれば、二股になったりねじれが発生します。
肌に傷が付けば、亀裂が入ります。
生長肥大が歪になる、成長が止まるのみならず、その傷口から病害虫が侵入してきます。
従って、古来より直播間引き栽培しかないと考えられています。
ポット育苗するような手間隙かけて、欠陥野菜を作るより、簡単な
直播した方が好いという事です。
間引きは、一粒一粒面度な種蒔きして、生え具合を画一的にそろえる事は難儀ですから、数粒づつまとめて蒔き、よい苗1本を残して後は駆除すれば、画一的に生え揃う。
このように理解しています。

好奇心として経験的に、何回も植え替え栽培していますが、全て歪に育ちます。
植え替え時に、ポットの土が割れたり、崩れたりしたら、もうダメです。
土が目に見えない程度の微々たる少しでもひび割れしたらもうダメです。
植え替えによる人為的な土のひび割れと自然的な土のひび割れ(土壌の乾燥ひび割れや振動ひび割れ)とは、微妙に違うようです。
自然的な土のひび割れなら問題ないようです。自然的な土のひび割れの影響が有ったとしても、通常の生理障害との区別が付きませんが。

尚、直根性のみの植物(挿し木繁殖ができない植物)は、移植に弱いです。
但し、幼葉の時期か、本葉が生えても極めて小さい幼苗植物(多くは越年草)は、その時期なら移植可能です。

移植が可能という意味(生死の問題)と健全に成長する(収穫の是非の問題)かの意味とは、全く異なります。

大根状のカブや二股三股のダイコン、人参やヒョウタン状瘤だらけの収穫野菜、実割れ野菜など、調理も大変なら味も見栄えも良くありません。

大きなカブ 2016/08/28(日) 00:03:34
http://vegetable.alic.go.jp/panfu-siki/daikon/daikon31-b.GIF

解決済みだったんですねぇ。失礼しました。

松本 恵 2016/08/28(日) 08:36:53
大きなカブさん、解決済なのにご意見ありがとうございます。
深く考えずに苗で植え付け出来ないものかと思いました。
根を痛める事がそれほどの影響があるとは考えなかったです。
まだ期間がありますので畑を準備して直播きしたいと思います。
有難う

追加発言   
■ 名前
■ メールアドレス (省略可)
■ ホームページ(省略可)
■ 返信内容
←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
[送信]ボタンは2回以上押さないで下さい。再送信すると二重投稿になります。
必ず[掲示板使用上の注意]を確認の上、投稿してください。
新しく質問する場合は必ず[新規質問]から投稿してください。

野菜・家庭菜園用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター