園芸相談掲示板
知って楽しい☆教えて楽しい 園芸専用質問掲示板
園芸・ガーデニングに関する疑問・悩みを解決!!

[戻る]

【胡蝶蘭について】


きみ 【関東】 [E-Mail] 2017/07/12(水) 08:57:04
胡蝶蘭を何回も咲かせています。どういうわけか今年母の裏側にワタのようなものが出て来て他の葉にぞんぞ広がって来ます。水で洗い流すのですが広がるばかりです。何か病気なのでしょうか?薬剤などあるのでしょうか?

蘭香蝶の翅 2017/07/12(水) 14:59:59
このサイトの画像投稿掲示板へ画像UPすれば、良い回答がえられるかもしれません。
http://engeisoudan.com/bbs.cgi

私は貪欲なほどに、一丁噛みする性格ですから、ある時に、腰痛で受診しました。
話の成り行きは、いろいろありましたが、医師との合意事項として、腰痛というものは、人間が2足歩行する癖がついたときに発生する副作用である。
従って、患者自身の耐性(持って生まれた治癒力)で治すものであり、西洋医学者たる担当医師としては、専門知識に基づいて、その治癒力をサポートすることしかできない、サポートする方法資材は・・・どれが希望ですか・・・予算が続く限り納得するまであらゆる検査治療をつづけたものの相当楽になり原因らしきものも解り納得したものの、結局は、完治していない。
結論として、慢性病(骨の歪みによる圧迫感)で、治療は、姿勢を正しくし重心と支点移動のバランスを正確かつ厳格に移動させることで、再発が相当軽減される。
ここにたどり着くまでは、相当無駄な時間を過ごしたものだと後悔している。
この解決策などは、幼少のころから口やかましく「姿勢が悪い、姿勢を正せ」言われていたことです。
だれしも知っている解決策ですが気かつかない、意識していないことです。すなわち健康(正常な日常生活)でありながら忘れている状態で、健忘状態にあるともいえる。
このことにより、腰痛が発症しても、自己治療が早くなった。
尚、念のために、自己判断による自己治療は、手遅れになる危険性も大きく第三者委員たる医師の意見を求めることも必要なことです。
まだ長年納得していない病気は、耳鳴りと腫瘍です。
耳鳴りは、原因が不明で、検査は正常に付き、健康と判断され、健康なものに、治療は必要ない。
腫瘍は、確かに腫瘍はあり増えていることは、確認できるもの
の、傷みも痒みも引きつりもない日常生活にも無支障がない状態ですから、病気ではない故治療する必要はない。
切り取ることは、簡単ですが、手間暇経済的に、無駄なことであると指導される。言うならば、目元が気に入らないから整形手術するようなもので、どうするか決断してから来てください。

何を言いたいかと言えば、投稿する画像は、第三者が判断できるようなものをUPしたほうがより明解となりやすく、画像なら何でもよいというものではないということです。

私の迷回は、とりあえず、
S1) マラソン等格安万能殺虫剤を霧吹きで、噴霧殺虫消毒をする・・・ダニやカイガラムシの駆除(10倍以上の拡大鏡で、害虫でないと確認できれば、不要)

S2) オーソサイド等格安万能殺菌剤を噴霧器で、殺菌消毒をする。

尚、ランの生理生体から想定して、万が一のために、根や用土には、新聞紙やアルミ箔などで、薬害防止の為に養生したほうが良いかもしれません。
このことは、農薬の効果効能を否定することにもつながります。
この矛盾を解決しない限り、治療手立てが存在しないことにもなります。

農薬散布でダメなら、残念なことですが天寿を全うしたものとして諦めて、コチョウランの耐性自己治癒能力に委ねる。
積極的に委ねなくても、農薬の効果があるかないかの経過観察しているうちに、自然消滅するだろう。
つまり、治療してもしなくても、気休めであって効果は期待できないものと思われます。
西洋蘭とは、東洋ランと違って、健康度100から、マイナス1ポイント下がったら、もう自然消滅するものと思い込んでいます。
言い換えれば、数十年間の長きにわたって健康に育ち、満足度100%であったとしても、タマタマの偶然が、運よく続いたものと割り切っています。決して、熟練度や栽培技術が高かったから保てたとは思っていません。ラン栽培の翁は、この世に存在しないものと割り切っています。幸運な方であると思う。
もちろん高度な能力の持ち主ですから、とりあえず先生としては頼り真似をしますが・・・

コチョウランも、いろんな人から、貰いはしますが、買って育てる事は無いです。
買う場合には、プレゼント用のみ。
インテリアとしての位置づけ。
見苦しいですが、ランはそこそこありますが、やはり日本蘭が一番簡単です・・・日本蘭は、何もせずとも、勝手に花を連れてくる上に子だくさん。
今、維持なっているのが、カトレアかも。中でも大輪カトレアは、枯れもせず(じり貧)、元気にもならず(花もなく新芽も繁茂しない)さっぱり解りません。教科書どおりにはいきません。

西洋蘭の成功栽培の秘訣は、買わない欲しないを大原則とし、どうしても欲しければ、ほりっぱなし自然状態で、自活している
株を貰うなり拾ってくることです。
この株なら、相当しぶといですから、上手く育つかもしれない。
育てる草花から、育つ草花へと価値観をシフトしました。

一つ逆質します
リンク切れなら無視してください。

この画像は、何の病気でしょうか
http://nev-web.jp/wp-content/uploads/karetara1.jpg

追加発言   
■ 名前
■ メールアドレス (省略可)
■ ホームページ(省略可)
■ 返信内容
←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
[送信]ボタンは2回以上押さないで下さい。再送信すると二重投稿になります。
[書き込みマナー]に沿った、マナーに反しない発言をお願いします。
新しく質問する場合は必ず[新規質問]から投稿してください。

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター