園芸相談掲示板
知って楽しい☆教えて楽しい 園芸専用質問掲示板
園芸・ガーデニングに関する疑問・悩みを解決!!

[戻る]

【ユリの花が終わった後の処理について】


ミッチー 2017/07/02(日) 19:00:11
自宅で10株ぐらいユリを育てていますが、花が終わった後の見栄えが良くありません。花を楽しんだ後どれぐらいで茎を切ってしまっても問題ないですか?

田吾作爺さん 【関東】 2017/07/02(日) 19:11:04
ユリは得意です。

葉は極力残して球根を太らせましょう。従いまして種は付けない。
要するに花が終わったら花柄と雌蕊の付け根からもぎ取りましょう。(種類不問)

種類により、育つ環境も違いますが、花が咲いたという事でおめでとうございます。

kimiko 2017/07/02(日) 21:18:43
ササユリの場合なら三輪以上咲いた株なら一輪だけそのまま残して種を作らして秋に撒いて下さい。
カサフランカなども数輪咲いた株なら種をつけさせても問題ありませんよ。

リリー0702 2017/07/02(日) 23:23:16
百合の秘訣は、

1)鉢植えなら、できれば地植えでも、毎年秋に、新しい土に植え替え、殺菌消毒(潜伏ウイルス病の発現、落葉し葉なしの花だけ咲く)をする癖をつけた方が良い
・・・連作嫌地現象(自然消滅、球根腐れ)と球根の浮き上がり現象(球根が地表に浮き上がる、開花には影響ないものの、球根肥大力が鈍る=翌々年の開花数が少なくなる)
2)ヤマユリ系(カサブランカやヤマユリなどオリエンタル系・大輪系)と鹿子百合は、木陰か茎が伸びだしたら草丈1/3ほどは、簾などで、株元を遮光し、地温を下げた方が良い。
筒百合・鬼百合・アジアンティック系スカシユリは、比較的丈夫なので、好きなように。

3)原種系ヤマユリは、肥料控えめに務める(丸い茎が平たくなり帯化したり、花数超多くオバケ咲きし下品に咲く場合もある)

4)越冬陽光葉のロゼット(春茎が伸びる直前)の時に、なにがしらの事故で(踏む、鉢を倒す、移植、一球根多数芽等)ロゼットの葉茎が千切れる・折れた時には、球根と茎葉を分離し、ロゼットを挿し木すれば、球根もロゼットも双方に花が咲く。(百合の栄養繁殖YS繁殖法)

5)笹百合は、茎が細いだけに、植え付けと同時に、支柱を立てておけば、強風や自重で茎折れしなくてよい。

6)球根の大きさは、地上茎の太さで、花数に比例する。その百合(系統別)の球根の大きさと花数(茎の太さ)を観察する習慣を心がけましょう。

7)冬場に開花鉢(低温特殊処理百合)を買った場合には、茎を半分程度切り、支柱を立て、球根高の半分程度まで、土を取り除き、球根を太陽にあて、白またはクリーム色の球根を緑色にさせれば、その年に再び花が咲く(年に2回咲く)

何と言っても、好き嫌いは別として、百合の花としては、筒百合系の高砂百合は、一球一株年に1回咲きですが、種を蒔けば、冬でも3月前後を除いて年中どれかが咲いている。
試したことはないですが、花が終われば直ちに、植え替えでなく、球根まで、土を取り除き、第一茎(地下部の茎、第二根)を取り除き埋め戻せば、年に何回も咲くような気がする。
高砂百合の短所は、環境により、葉虫が湧きやすい(ほかの百合にはほとんど湧かない)事です。

リリー0702 2017/07/02(日) 23:28:32
他には、好き好きですが、花が開いたら雄蕊を取り除いておいた方が良い。・・・花粉が衣服に付いたら、洗濯しても落ちにくい。
切り花なら尚更の事です・・・ワンポイントアクセントはなくなりますが、花粉で汚れるよりかは、良いでしょう。

田吾作爺さん 【関東】 2017/07/03(月) 10:44:36
基本的に百合は種類によって好きな環境が違います。
環境が合わないと自然に消えて(弱って枯れていきます)いきます。

それぞれ元に生えてる環境に合わせないと駄目ですね。
鉄砲百合、スカシユリ、鬼百合、鹿子百合。サク百合、ササ百合。
ユリは育てるのが難しいので、2年咲けば見事ですね。
又買って植えるのがベストでしょうね。 都会では余計、蒸し暑くて弱りますね。
蒸し暑いのが苦手です。アブラムシも付きます。

地域は分かりませんがコンクリート街なら数年育てば良いですね。
何をしても、駄目だから無くなったら又再度植えましょう。

自然豊かなら、その環境に有った環境に植えて下さい。 半日蔭・日がかんかん・涼しい
とか有ります。  もし鉢なら余計無理ですね〜毎年太った球根を買いましょう。

田吾作爺さん 2017/07/03(月) 10:57:05
>>自然豊かなら、その環境に有った環境に植えて下さい。
相談者が自然豊かな所なら、しれぞれユリに合った環境に植えて下さい。

鉄砲百合・スカシユリは日当たり好き。鹿子百合ゆりもかな。
サク百合・山百合は半日陰で根元は直射日光が当たらない様に低い植栽の中がべスト。
サクユリは、世界最大のユリでカサブランカの原型種ですから、半日陰です。

都会なら、その都度無くなればベストです。
私も、サク百合も何度も植えましたが、駄目でした。
那須には、自然に山百合が咲いてるのでサク百合を植えたら元気に育ってます。
蒸し暑さが駄目なねすよね〜

野生の高砂百合なら強いですね〜。庭に咲いてますので、種を貰えば数年で咲きます。
鉄砲百合に似てますが、花の元から裂けるので花もちは悪いですよね〜
東京でも沢山咲いてますよ。花は8月かな?これは強いですよ。

キム 【東海】 2017/07/03(月) 17:54:03
葉が茶色になるまで放置します。

ミッチー 2017/07/04(火) 01:12:27
[[解決]]
皆様、沢山の回答ありがとうございました。非常に参考になりました。また来年も咲かせられるように頑張ります。

追加発言   
■ 名前
■ メールアドレス (省略可)
■ ホームページ(省略可)
■ 返信内容
←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
[送信]ボタンは2回以上押さないで下さい。再送信すると二重投稿になります。
[書き込みマナー]に沿った、マナーに反しない発言をお願いします。
新しく質問する場合は必ず[新規質問]から投稿してください。

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター